パチンコ 軍資金

パチンコ軍資金を借りる方法

パチンコ軍資金

パチンコの文化は日本では根強いです。弱小店舗はドンドン廃業に追い込まれていますが、強い店、いわゆるよく還元しているパチンコ店は、まだまだ元気で店内にも活気があります。パチンコは御存知の通りギャンブル的な勝ち負けの要素もありますが、どんどんエンターテイメント化、つまり「遊べるパチンコ」といった位置づけに変わってきていて健全な業界になってきています。

 

そのようなパチンコですが、どうせ行くならなるべく軍資金に余裕をもっていきたいものです。3,000円の軍資金と30,000円の軍資金ならやはり後者の30,000円の方が勝率が上がります。精神的な余裕もありますが、激アツリーチがかかって玉がなくなって退散するとか、無いこともない話ですし、パチスロなんかはあと1,000円あれば天井到達とかよくある話です。そんな時に、軍資金に余裕がないとそれだけの理由で大当たりを引けなくなります。

 

また、最近では低玉貸し、いわゆる1円パチンコや5円スロットといった低資金で遊べるように工夫されているパチンコ店も多いです。つまり昔みたいに50,000円持っていかないと勝てないとかそういった価値観だけではないのが現状です。3,000円だけ持って行っても遊べるようなコーナーも充実していてそういったコーナーも人気があります。

 

どちらにしても、パチンコ・パチスロ行くなら軍資金が必要です。そんな時、親や兄弟、あるいは友達に借りれる人はいいですが、そうでもない方も多いですよね。そういった方は、カードローン・消費者金融で軍資金を調達することをおすすめします。

 

アコム
アコム 日本で一番有名な消費者金融といえばやっぱりアコムです。浸透しまくっているサービスです。安心して即日キャッシングのお申込みができます。収入証明書は50万までは必要ありませんのでスムーズに手続きが運びますし、30日間無利息期間もあるからお得です。

 

アコムのお申込みはコチラをクリック

実質年率 融資限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円 パチンコ,軍資金

 

その他のランキングをチェック!

パチンコ軍資金

その他のキャッシングサービスのランキングはこちら

パチンコ軍資金

パチンコはのめり込まない方がいい

パチンコでもなんでもそうですが、遊びはのめり込まずに適度にやるのが一番です。パチンコも軍資金を仮に10000円持って行ったら10000円以内で遊ぶということを最初から決めておくのが一番です。

 

あまりにも軍資金に余裕がない時は、パチンコだけでなく、例えばジムに行ってみたり、スーパー銭湯でゆっくりしたり、ちょっと喫茶店で読みそびれていた本を読んでみたりと資金がなくても有意義に時間を過ごせるようにセルフコントロールできることが大切です。また、パチンコは打つだけではなく、情報収集に時間をかけるのもパチンコを健全に楽しむための一つの方法です。

 

各店舗様々なイベント情報やメーカーの新台の情報などは、P-worldなどの大手サイトが人気があります。是非チェックしてみてください。

注意点を守り消費者金融を使う

パチンコ軍資金

消費者金融とのやりとりは、お金のやりとりをするという大変重要なものになります。融資を受けた金額を期日までに利息も含めて返済するということは、消費者金融側の経営そのものにも関わる大変責任の重いものとなるのです。そのため消費者金融を利用する際には、その人に返済を行うことが出来るだけの能力があるのかを問うため、入念な審査が行われることになります。

 

審査を行うことによって消費者金融側はその顧客が信頼できる人物であるかどうかを判断し、信頼できる人物ではないと判断した場合には、融資を利用することができないように定めています。同じように消費者金融を利用しようと考えている顧客側も、その消費者金融が自分が信頼できるものであるのかどうかを判断することは非常に重要なことであると考えていいでしょう。一つの企業として営業を行っている以上、全ての消費者金融が信用できるものであるかと言われれば、それは不可能な話です。

 

消費者金融の中には、ヤミ金と言われるような不法な利息の取り立てを行う業者も存在しており、そういった業者を利用してしまうと、後々大問題に発展するケースも決して少なくはありません。そういったことのないように、自分が本当に安心して利用することのできる金融機関を利用していくのはとても大事なことなのです。最もわかりやすい判断の方法としては、その消費者金融をどれだけの人が利用しており、高い知名度を持っているかということにあります。全国規模で展開している大手の消費者金融は、多くの人が利用して一定の満足を得ることができています。そういったことから消費者金融を選択する際には、大手の消費者金融から選択することが無難であると言えます。